ポーギーとベス 、ブダペスト、オペラ、Summertime、サマータイム、ハンガリー、そんなことはどうでもいいさ、くたびれもうけ 、ジャズ、ガーシュウィン
   
   
ブダペストのコンサート・オペラ・劇場ミュージカル・スポーツイベント・観光プログラム等、各種チケットがあなたの手もとに...
ユーザー名
パスワード
パスワードをお忘れの方
新規登録
エルケル劇場
ガーシュウィン: ポーギーとベス

歌劇全3幕

CLICK TO ENLARGE
ガーシュウィン 写真:ベレツ・ワルター

上演時間:約4時間    英語上演・ハンガリー語字幕付き

Summertime(サマータイム)、 I Got Plenty O’ Nuttin’「くたびれもうけ 」やIt Ain’t Necessarily So 「そんなことはどうでもいいさ」という歌を知らない人はすくないでしょう。しかし、これらは最も有名なアメリカのオペラ、「ポーギーとベス」の劇中だと、ほとんどの人は知らないかもしれません。このオペラは1935年に作曲され、音楽全体にジャズの雰囲気が漂う作品です。舞台はサウスカロライナ州チャールストン市で、ここに住んでいる黒人達の祈りや仕事、暴虐など、彼らの生活が色濃く描写されています。男性の乞食と女性の麻薬常用者の愛を中心するストーリーです。

会場:

エルケル劇場
Budapest, II. János Pál pápa tér 30.

地図
チケットの値段
A I
24 €
A II
20 €
A III
10 €
日時 カテェゴリー (お選びください。) 枚数
2019年4月17日 18:00